植毛

自毛植毛の離れ小島になるリスク

自毛植毛はAGA男性型脱毛症の改善に有効な治療法です。AGAではM字型、O字型、U字型と3つの症状があります。このうちM字型の症状に対し、自毛植毛を行うと離れ小島になるリスクがあります。M字型は額の生え際から後退が始まり、M字になると言う特徴があります。
自毛植毛で後頭部にある髪の毛を採取し、M字型の薄い部分に移植するといったんは改善します。しかし植毛した髪の毛は抜けずに残り、既存の髪の毛がAGAによって抜けることがあるのです。抜けずに残った髪の毛がまるで離れ小島のように見えるため、不自然になってしまいます。離れ小島になった場合、まだ植毛できる余力があれば再度自毛植毛を受けると言う対処法があります。
追加費用が発生しますが、見た目の不自然さはいったん解消されることが多いです。ただし余力が無い場合は再移植、再植毛が出来ません。そんな時はプロペシアやミノキシジルで脱毛を予防し、発毛を促すと言う対処法があります。プロペシアやミノキシジルはAGAの改善に有効な薬ですが、必ず全ての男性に効果が出る訳ではありません。
効果が出ないこともあると予め把握しておいて下さい。その他にもタイミングを見計らって自毛植毛を受けると言う対処法があります。ある程度後退が進んでから自毛植毛を受けるのです。しかしそれまで悩みが続いてしまうと言うデメリットがあります。

自毛植毛の最重要ポイントとは

自毛植毛を考える方は様々なポイントに気を遣っています。例えば予算などは基本的なポイントになっていますし、クリニックまでの通いやすさや実績の高さなども重要になっています。しかし最も注意しなくてはいけないのが、施術を受ける前に行うカウンセリングになります。
このカウンセリングは自毛植毛を行う上での最重要ポイントになっていて、ここで疑問や不安を解消しておかないと後々大きなトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。そしてその解消法についてですが、これは自分の希望をハッキリと伝える事になります。
基本的に、自毛植毛は毛量の多い場所から毛量の少ない場所に移植すると言う形になりますので施術後の印象は大きく変わってきます。なので自分が希望する見た目にする事が重要になっていて、それはカウンセリング時に伝える事で方向性が決まります。
したがって最初のカウンセリングの際にどこを減らしてどこを増やすのか、見た目の印象をどうしたいのかなどをキチンと伝えてから行う事が大切だとされています。なお通常はこのカウンセリングの結果から術式などを決定しますので、希望通りとはいかなくてもそれに近づけるような形での施術が提案される事が多くなっています。

薄毛対策で人気の自毛植毛

若い頃は髪のボリュームがあり、さまざまな髪型を楽しまれた方は多いかと思われます。しかし年齢を重ねる度に毛髪が抜けてしまい、気が付けば薄毛が自身の体において最大の悩みとなってしまっています。薄毛だと見栄えも良く無いと感じてしまう方も多く、対策として育毛や増毛に効果的な食品の摂取や施術を受けている方も多いと思われます。
しかし、薄毛の悩みを抱ている方々に人気となっている対策方法があるのです。それが「植毛」です。育毛や増毛等の長い期間を要する方法や手軽に装着出来るカツラよりもあらゆる面においてメリットが豊富となっている事で高い人気を博しています。そんな植毛も中でも自身の毛髪を使用する「自毛植毛」がより高い人気となっているのです。
そんな薄毛対策で人気の自毛植毛についてご紹介します。自毛植毛が人気となっているのが、短期間で薄毛改善が行え、メンテナンス等を必要としない事です。薄毛の悩みを抱ている方は一刻も早く改善したいと願っています。しかし育毛や増毛は高価が現れるまで時間が掛かってしまいますし、必ずしも効果を発揮出来る訳ではありません。
またカツラを使用すると定期的にメンテナンスやクリーニングが必要となる為、手間や金銭が掛かってしまいます。しかし自毛植毛は採取した毛髪を植毛すれば、その後のメンテナンスもなくさらに長い期間、毛髪を維持出来る事で高い人気となっているのです。

おすすめ情報

TOP